ローヤルゼリーと筋肉健康維持

いつまでも健康で過ごしたいとは誰もが願うことです。健康を維持していくうえで、 筋肉の衰えを食い止めることはとても大切です。筋肉は何もしないでいると減少していきます。筋肉の健康を維持するためにはローヤルゼリーが有効です。

 

1. 加齢と共に衰える筋肉

筋肉は40代初期にピークを迎え、その後、衰えが加速していきます。強く健康な筋肉を維持するのは健康的に年を取る条件です。筋肉の減少は体の機能を低下させることに繋がり、ちょっとしたことで転倒したり怪我をする原因にもなります。

 

2. 筋肉の健康維持には十分な栄養補給が必要

筋肉はタンパク質やアミノ酸が材料になり作られます。運動は勿論、普段の生活で体を動かすことによっても筋肉は分解されエネルギーとして使われます。栄養不足の状態では筋肉はどんどん減少していきます。

筋肉をつけるためには運動をすると同時に、タンパク質、アミノ酸などの栄養をしっかりと補給する必要があります。

 

3. ローヤルゼリーに含まれる筋肉維持に働く成分

ローヤルゼリーは筋肉を作るタンパク質、アミノ酸を豊富に含んでいます。中でも人の体内では作ることができず、食事からの摂取が必要な必須アミノ酸9種類(イソロイシン、ロイシン、バリン、リジン、フェニルアラニン、スレオニン、メチオニン、トリプトファン、ヒスチジン)すべてを含みます。

 

3-1 筋肉エネルギー源となるBCAA

ローヤルゼリーに含まれる必須アミノ酸のうちイソロイシン、ロイシン、バリンの3種類はBCAA(Branched Chain Amino Acids)と呼ばれる分岐鎖アミノ酸で、筋肉の合成に特に必要な成分です。BCAAは筋タンパク質中に約35%の割合で存在します。BCAAを補給することにより、筋肉が分解されるのを防ぎ、筋肉疲労を低くすることができます。

 

3-2 筋肉疲労を軽減するβアラニン

ローヤルゼリーはβアラニンという筋肉疲労を軽減するアミノ酸を含みます。βアラニンは現在も研究が進められている成分ですが、必須アミノ酸のヒスチジンと結合しカルノシンという物質になり、筋肉疲労に有効に働くことが明らかになっています。

 

4. 筋肉健康維持には栄養と運動

アメリカでの研究によると、ほとんどの人は一生に約30%の筋肉を失うと考えられ、高齢になると50%も失う人がいると見られています。
筋肉の健康を維持するには、十分な栄養と体を動かすことが重要です。ウォーキングや家事で体を動かすようにするだけでも、筋肉の減少を遅らせることができると考えられます。

筋肉の減少が起きやすくなる中高年以降の方は特に、普段の食事内容の見直しに加えローヤルゼリーの摂取が効果的です。アミノ酸など、多くの栄養素を含むローヤルゼリーを補助的に継続して摂取すると、筋肉の減少を遅らせ、健康維持に繋げることができます。